算定基準の違い

交通事故被害を弁護士に依頼すると、すべての窓口になってくれます。代理人として交渉は任すことになり、自分の負担は発生しません。保険会社としても、慰謝料の交渉を弁護士と行わなければならないのは大きな負担です。

自分たちの言い分が通らなくなる可能性が出てくるのは、弁護士は裁判の判例をもとに算定基準を持っています。

保険会社の算定基準とは大きく異なる基準であることから、弁護士はどんどんと交渉を進めていくことになるでしょう。保険会社としても、交渉と法律のプロを相手に進めていかなければいけません。

簡単に引き下がることがないのは、弁護士には依頼人の利益を最大化する氏名があるからです。

こうした交渉を進めるとしても、自分は何もすることがありません。経過だけを聞けば済んでしまいます。保険会社としては、どこかで落としどころを見つけていかなければいけません。つまり、慰謝料を引き上げざるをいない状況ができあがってしまうのです。

素人が交渉するのと交通事故を得意としている弁護士を相手にすることの大きな違いといえるでしょう。

差額を考えてみても、慰謝料はかなりの金額になってくるのですから、依頼する価値は大きなものとなるのです。